働き盛りの女性は年中冷えが気になります

冬なら当たり前なのですが、今や商業施設などの建物内だけでなく、移動手段ですら冷房をきかせすぎなためか、冬以外の季節でも体の冷えが気になります。

常に体を温めて冷え対策ができるように、年中、ヒートテックのインナーやひざ掛け、酷いときには薄手の腹巻きを使い、料理にはできる限り生姜を使っていますが、わたしの周りでも、職場に生姜ドリンクや生姜パウダーを持参し、体の仲から温めるように工夫する人も増えてきました。

仕事をしていても、家事・育児に専念していても、忙しく自分の為の時間を確保するのは難しく、まして寒さ対策となるとなかなかできません。

そのため、生活習慣の中でできることが良いと思い、周囲の女性陣を見習い、わたしも生姜パウダーなどを使って簡単にできる温め対策だけでなく、日常生活を見直すようにしました。

それというのも、冷えの予防は温めることだけでなく自律神経の乱れを整えることが大事らしく、不規則な生活は自立心怪我乱れる原因となるからなのです。

そのため、休みの日に夜明けまで起きたり、平日に朝早くから用事をしなければいけなかったりといった生活を見直し、夜更かしをしないようにしたり、一日三食必ず摂取するようにして生活リズムを乱さないようにしています。

ちなみに、生姜には辛み成分であるジンゲロールが含まれているのですが、血流を施して冷えを改善することができるため、職場では紅茶などに入れて飲むと、リラックス効果もあります。

実はストレスも冷えの原因のひとつらしく、成分だけでなく、リラックス効果を簡単に得られるこの冷え対策はとても気に入っています。

Pocket