子どもがいる家庭は要注意!大人にもうつる「手足口病」に気を付けよう

大人にもうつる「手足口病」

保育園や幼稚園に通う子どもさんのいる家庭では子供さんが園からいろいろな病気をもらってくることがありますよね。

手足口病もそのひとつです。これは春から夏にかけて流行しやすい感染症です。

「手足口病」とは?

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。

日医ホーム感染症関連情報

「手足口病」という名前の通り手のひらや足、口の中に水泡ができるのでわかりやすい病気です。

この病気は基本的に対処療法でしかケアができないので、子どもがかかった場合は休園して、おうちでのケアが中心になります。

子どもがかかる場合は比較的熱も高くはならず元気なことも多いのですが、問題はこれがおとなにも感染するということです。

患児と同じタオルや食器などを使えば家族にうつるのです。

大人でも症状が出てしまう可能性も

おとなは普段であれば抵抗力があるので、感染しても症状がでずに治ってしまうのですが、忙しいワーキングママは時として疲労で抵抗力が落ちていることがあります。

このような時は大人でも症状が出て、しかも子どもより重い症状になることが多いのです。

そうならないために、子どもを看病する家族のほうも自分の健康には気を付けたいものですね。

Pocket