引っ越しの場所をよく考えよう生活を ワンランクアップする引っ越し

生活をワンランクアップする引っ越し

働いている女性なら、職場に近くて駅にも近い部屋に住みたいですよね。だけど、駅近の部屋は家賃が高いと敬遠していませんか?

職場に近い駅の駅近の部屋に引っ越して、快適な生活を手に入れましょう。

過酷な通勤で週末は寝てばかり職場から電車で1時間以上離れている駅に住んでいて、部屋が駅から徒歩10分以上離れているに方は、日々の通勤が過酷になっているはずです。

朝の通勤は1時間の電車移動に最寄駅まで徒歩10分ですが残業すれば電車を待つ時間が発生し、往復で毎日3時間は費やしているかもしれません。

週5日この生活を続けたら、週末は活動する精神的な余裕が失われてしまうでしょう。

引っ越しの場所をよく考えよう

週末は部屋で寝てばかりなんてことになるかもしれません。駅から遠いと思いがけない出費が多い大きな荷物を持っているときに雨が降り出した帰り道、タクシー乗り場からタクシーを乗りませんか?

気の許せる友達とお酒を飲んだら夜遅くなり、最寄駅に辿りつけずタクシーで帰宅したことはありませんか?

週末アイロンがけなんて面倒なので、クリーニングに出していませんか?

クリーニングを営業時間内に引取りに行けずに、クローゼットに服があふれていませんか?

夕飯は作るのが面倒なので、外食やコンビニで買った高い食事をしていませんか?

遠い部屋に住むことで心の余裕を失い、生活を維持するための支出をなんとなく続けていると思います。郊外に住むことで、一体いくら節約できていますか?

都心の駅近に住んで能力を高めよう

都心の駅近の部屋に住むことで、郊外に住んでいた時より3万円以上は高い家賃を払うことになるでしょう。

その代わり、毎日2時間の自由時間と心に余裕のある週末を手に入れることができます。

語学力を身につけて転職するとか、人との出会いに投資するとか、「時間がない」「出会いがない」と嘆いているあなたの生活を豊かにするでしょう。

逆説的だか都心のほうが生活費は安くなる都心に住んでコンビニで買い物する人にはメリットを感じることはできませんが、自炊できる人、自分でアイロンをかけられる人、今までタクシーを頻繁に使ってた人は、確実に支出が減ります。

また、職場まで歩ける人なら、通勤手当を部屋の家賃に充当しましょう。

通勤経路を研究すると、毎月数千円通勤手当を増額できるかもしれません。

Pocket