自分の直感を大事に育児 小児科との相性って大切です

小児科との相性って大切です

私は生まれ育った実家を離れて、県外の主人の出身地で子育てをしています。

義理母とは同居ではなく同じ市内ではありますが、主人の実家からは離れて生活していますので、出産してからの環境づくりは全て自分でやらなければなりませんでした。

今は小学生ですが、それまでに妊娠中を含め市内ででしたが、わけあって、3回引っ越しをしたこともあり、慣れない育児はとっても大変でした。

性格的に孤立していた

赤ちゃん学級などのつながりもなかったので、自分でコミュニティーを見つけて、時には足を運んだりしてみたのですが、性格的にすぐにそういったところで馴染める人間でなく、しかもかなり今思うと育児ノイローゼ気味だったので、余計に孤立していたように思います。

たまに赤ちゃんとママがいる集まりにいっても、なんか落ち込んだり、嫌な思いをして帰ってくるだけでした。なので、小児科の情報とかもネットなどで調べて自分で行ってみるしかありませんでした。

自分の直感を大事に育児をして下さい

赤ちゃん、乳幼児がいると嫌でも病院通いは頻繁になります。

私は結果的にいうと、相性の合わない小児科の先生のところに、相性が合わないってことに気づかず、母親としてここに頑張って通い続けることが育児なんだと思い込んで、通っていました。

毎回なんか違う、なんか違う、と思いながらです。自分の直感を大事に育児をして下さい。

もし、子どもを連れての病院で、継続することが大事と言われても、ある程度様子をみて、やっぱり腑に落ちなければ思い切って病院変えてみることおすすめしたいです。

ママ友もそうだけど無理して付き合うことないと思うんです。

ママ友や小児科など、自分たち親子のスタンスに合った人たちが必ずいてくれます。

Pocket