おすすめは「一人旅」たまには自分を解放してあげよう

「働く」ということは同時に「戦う」こと

仕事を持つということは、生きがいもやりがいもある素晴らしいこと。

人によっては、仕事こそが自分の人生の軸であるという方もいるでしょう。確かにバリバリと働いている人は輝いて見えます。

ですが、「働く」ということは同時に「戦う」ことでもあります。上司や同僚然り、クライアントや締切や時間然り、はたまた自分自身も然り、ありとあらゆるものと常に対峙し、時には敵対しながら、ギリギリまで自分を追い込んで取り組むのが仕事。

そこまで真剣だからこそ輝いて見えるのですが、その内面はと言えば、そんな日々の積み重ねで意外に擦り切れてしまっています。

燃料補給が必要です

ものすごく頑張った仕事の後の燃え尽き感や、残業して帰る夜の脱力感、休みの日のふとした瞬間の虚無感などを感じることがあるとすれば、それは少なからず日々の自分に疲れています。

仕事でエネルギーを放出しているのですから、車と同じで燃料が無くなれば走れなくなります。放出した分のエネルギーを補充することが必要なのです。

もちろん美味しい食べ物を食べるのも大切ですが、それはあくまで体の燃料補給。

では心はどうすればいいのかと言えば、自分を自分から解放してあげる最も手っ取り早い手段は「一人旅」です。

おすすめは「一人旅」

常日頃、日常として身を置いている空間から離れて、知らない土地の空気に触れて、初めて見るものを愛で、初めて口にする食べ物を味わう。

それだけで身も心も感覚も研ぎ澄まされ、驚くほどリフレッシュ出来ます。そんなに遠くまで足をのばす必要はなく、鈍行列車で片道2〜3時間の、十分に日帰り可能な場所でいいんです。

自分の知らない日常と時間があることを体感出来たら、いつもの風景も少し変わって見えます。

バリバリ働く女性にこそ経験して欲しいプチ一人旅、オススメです。

Pocket