バッグの中身は常にチェック!中身で日頃の整理整頓具合が分かる

バッグの中身はその人となりを判断する材料になる

家事や育児や仕事で忙しいと、身だしなみを整えるだけでも手一杯になってしまうと思います。

そのため、資料や読書、ちょっとしたメイクなど出来ることは外出先で行えるよう多めにものを持ってつい出掛けがちになってしまいます。

そうなるとバッグの中身がパンパンになるため、結局大き目のものを選びがちになり、収納に工夫が必要となるため、ポーチなどで仕分けするためのグッズが必要となり、結局、ますます持ち歩くものが増殖。

個人的には、自己満足するのですが、結構、バッグの中身はその人となりを判断する材料になることがあると実感することがあります。

バッグの中身で日頃の整理整頓具合が分かる

たまに営業に同行しなければならず、その都度、営業さんや訪問先の方々とご一緒すると、移動時や営業中、ついつい資料や筆記用具、スマートフォンを取り出す彼等、彼女等のバッグから出す仕草を見てしまい、当然、そのバッグの中身を拝見してしまうのです。

きちんとした人だな、仕事が出来そうだなと思っていた人がなかなか必要な手帳や筆記用具が出せなかったりすると、何らかの不備が相手にあったときに、ああやっぱりと思ってしまうことがあったのです。

その際、同行していた営業さんが、バッグの中身が整理されていない場合、自宅も会社の机の中も整理整頓ができていないことが多いと言ったことがありました。

バッグの中身は常にチェック

わたしも同じように見られていたら困ると思い、バッグの中身の仕訳を決意し、絶対、外出時に必要なもの、必要かもしれないもの、そして自宅待機しても大丈夫なものと分けて、吟味。

その間、真ん中に100円均一のお店で売っている仕切り用の長めの収納できるビニルケースを入れて、吟味したものを縦に入れていくと、あっという間に隙間ができるほど整理されたバッグが完成するのです。

とは言っても、時間がたてばまたカバンの中身は増殖し、その都度、整理整頓できる余裕がない場合、強制的に時期を決めてやることにすると、大掃除の後くらいの爽快感があります。

あまり外回りをすることもなく、カバンの中身を見られることもないのですが、軽くなったバッグと、何でもすぐに取り出せる気持ちの良さは格別で、良い気分転換にもなります。

Pocket