男性も家事をしなければならならない時代 パートナーにも任せることが大切

男性も家事をしなければならならない時代

「男子、厨房に入らず」なんて言葉はもう死語と言っていいほど、今は男性も家事をしなければならならない時代といえます。

その背景にはやはり結婚、出産後も働く女性が増えていることが影響しています。

また、核家族が主流の今、共働きとなるとパートナーの協力が必要不可欠と言えます。

家事も育児も仕事もこなさなければならない女性の負担は計り知れません。

パートナーや子供にも任せることが大切

真面目で頑張りやの女性ほど、家事は女性がやらなければならないという固定観念に捉われて1人で全ての負担を抱えがちですが、働く女性は周囲に頼るということを身につけなければなりません。

会社の組織と同じです。有能な上司ほど、部下を信頼し、仕事を割り振って人をうまく使うことが上手ですよね。

1人で出来る量には限界があります。

自分1人で抱えこまずにパートナーや子供にも任せることが大切です。そして完璧を求めないことです。

家事も育児も仕事も完璧を目指してしまうと、できなかった時に自分を責めがちです。

パートナーに負担を半分背負ってもらうことが大切

最初から完璧を目指さず、ほどほどにと思うことで自分を追い込まないことが、女性が長く働くためには大切です。そしてパートナーに負担を半分背負ってもらうことです。

家事も育児も女性だけの仕事ではないということを認識してもらうことが何より大切です。

女性が社会で活躍することで、次の世代も働きやすくなりますし、昭和の家庭のイメージは別物とし、新しい形の家庭を作っていくことでストレスを抱えないで家庭も仕事も大切にしていけると思います。

Pocket